programme

1ヶ月目
1週目:オリエンテーション:有田地域の視察、窯元マッチング、創作活動プランニング
2週目:プレゼンテーション:関係者へクリエイターのこれまでの創作活動の紹介
その他製作開始

2ヶ月目
制作活動
定例ミーティング
オープンスタジオ・レクチャー(CRA企画)

3ヶ月目
3週目:成果発表プレゼンテーション 有田(必須)
最終週:荷物梱包、片付け スタジオ掃除

Optional

アーティスト・デザイナーの希望により以下の内容でサービスを提供しています。希望の場合は、コーディネーターに相談してください。

1, 2−3日間京都視察研修
2021年度からCRAは京都のゲーテインスティチュート とレジデンス研修の提携を結びました。ヴィラ鴨川との連携により京都の芸術関係者、伝統工芸工房など訪問のツアーを要望によりコーディネートします。ただし、旅費、交通費はアーティスト、デザイナー本人負担。

2, 文化交流の支援
有田は、陶磁器以外にも食、自然、文化、歴史が豊かな場所で周辺地域も幅広く文化的要素がある場所です。生花、武道など、町内の地域住民との交流の場を紹介できる。

Workspace

クリエイティブレジデンシーアリタに参加するクリエイターの制作拠点は佐賀県窯業技術センター内にあります。佐賀県窯業技術センターは、窯業に関する試験・研究を行い、その向上発展に資するため、1928年に設立されました。窯業に関する公設試験研究機関としては日本一の大きさであり、世界的にも例を見ない充実した施設であります。

スタジオスペース:2部屋
クリエイター1組に個室のスタジオスペースが提供されます。(佐賀県窯業技術センター内)。滞在期間中にクリエイターは技術センターの開館時間内(平日8:30–17:15 土日祝を除く)に自分の作業スペースとしてスタジオを自由に利用できます。約20平米のスタジオスペースには作業台・棚・流台・コンピューターなどの基本的な物が用意されています。

その他の作業部屋:
電気窯、ろくろ室、成形室、石膏型制作室、釉薬研究室、3Dプリンター、CNC切削機、木工工房など、陶磁器の材料、成形、釉薬等のリサーチと試作制作に必要な設備が整っています。研究員や地元事業者利用する設備ですが、使用時間、使用料金をコーディネーターと相談し、他者の利用の予定がない場合予約した上で利用可能となります。

また、窯元や伝統工芸士とのコラボレーションをする際は、窯元の工房での作業も可能です。これらは、コーディネーターと関係者が協議の上、適切なコーディネートを行います。

residents

2020


2019


2018


2017


2016