スーザン・コーイ

  • Born: 1988
  • Country: The Netherlands
  • Discipline: Visual artist
  • Website: www.susankooi.com

Susan Kooiは、2012年にアムステルダムのGerrit Rietveld Academieを卒業しました。それ以来、アムステルダムを拠点にビジュアルアーティスト、活動しています。 作家個人の芸術的な活動と並行し、パフォーマンスデュオエコー+シーシェルとアーティストイニシアチブSamet Yilmazの創設メンバーの一人でもあります。 これまで、Comet Vintage、Dragon of Time、Fossils、Pterodaustro、Australopithecus(憂鬱のための肥沃な土壌)、Blue Earth、Lutra Lutra Lutraなど、様々な個展を開いています。 さらに、The Castle、U.F.O.、Timeless People、Lucy 2012、RW NW PRT M HRW、Natureなどの彼女のコラボレーション作品は新進気鋭若手作家としてヨーロッパの現代アート界で注目されています。

Project in Arita

  • Title : Yamatai Koku
  • Period of Residency : June - August
  • Sponsor : Mondriaan Fund

滞在期間中、作家は「ロンリープラネット:邪馬台国」(邪馬台国:弥生時代後期c。BC300-c.300ADまで遡る古代日本の国を指す)というタイトルの短編小説と短編映画を制作しました。「ロンリープラネット:邪馬台国」は、作家が有田に来る前に行ったレジデンスの地域イタリア、ポルトガルで制作した短編集のうちの一つです。日本に渡り、陶芸の伝統に触れ地域に伝わる神話などを基に様々な専門分野のスペシャリストにインタビューを基に書かれた物語短編集です。本プロジェクトは、古代でも現代でもその時代に作られた人口の産物がそのモノの寿命の間にどのような特定の意味を人間にもたらしているかを反映したものであり、未来への抽出と解釈の担い手となります。 作家は、現実と架空のものの両方について、オブジェクトの使用方法と意味についての証拠を継続的に模索し、その結果得られる物語は旅行本、ロンリープラネットのガイドの形で実際の出版物としてまとめました。レジデンス期間中に制作したオブジェ、佐賀県や有田周辺で作家自身によって発見された遺物の背後にある物語が描かれています。

residents

2020


2019


2018


2017


2016