ティルマン・メイヤー・ファジェ

  • Born: 1971
  • Country: The Netherlands
  • Discipline:
  • Website: www.tilmann.nl

Tilmann Meyer Faje(1971)は、アムステルダムを拠点に活動するオランダ/ドイツ人アーティストです。2004年にGerrit Rietveld Academyを卒業、後2000年にSandberg Instituteを卒業しました。彼の仕事は、産業製造プロセスの失敗に焦点を当てています。作品の陶器の彫刻は、高度に発達した文明から作られた現代建築を複製し、そしてそれらは崩壊を予期しています。削る間、粘土は温度、湿気、または重さのために粘り強さが継続的に変化します。作家はこのような変化するプロセスに非常に興味を持っています。彼はある構造体を作ると、それらは一方で構造体自体の重さから崩れ落ちて行きます。この構造体の失敗の実験で作家はしばしば船の形を使用します。それは、世界でこの瞬間に私たちに起こっている出来事の類似として表現します。私たちの消費の大部分は船での輸送に頼っています。人々は未だにそれに頼り、(その上で生きている)自然にリスクを負って生きています。一度船が壊れるとその船は解体されます。主にそれらはインド洋の海外にたどり着きます。そしてその船の構造が解体されるとその特性が再び現れます。デンボッシュのStedelijk Museumのコレクションに、”壊れたハルク”「Seelenverkäufer」が加えられました。このような彫刻の他、ティルマンは、崩壊する粘土のビデオアニメーションを制作しています。 「フルスピードの行方」では、彼は最近、ヨーロピアン・セラミックのワーク・センターのパブリック・スタジオで、ボートの全艦隊を制作しました。

 

ステートメント:

私は、私の周りのほとんどが産業生産過程の結果であるという事に非常に魅了されています。 明らかに、私たちは、プレハブ部品で造られた住宅が立てられたり、造船場では全て同じ鋼板から「切断して(コピー)貼り付ける(ペースト)」ことでほぼすべての設計が可能な事を観察することができます。 私の彫刻は自動化された生産過程の結果なのです。 彫刻を作っている間、私はただ実行するだけで、どんな場合でも審美的判断によって自分の行動を正すことはありません。作っている過程で、私は自分の行動の観客になるのです。 予期せ出来事、計画外の事が必然的に起こり、それが新しい基礎となります。 私は、建築家やデザイナーは既存の構造体の執行者と考えます。

Project in Arita

  • Title : ---
  • Period of Residency : June - August
  • Sponsor : Mondriaan Fund

過程・プロセスの中で自分自身を観察することによって学習するこの方法は、私が有田で継続したいことです。経験豊かな地元の職人と一緒に仕事をしたいと思います。彼らが作るもの(皿、オブジェまたはアート)または彼らが使用する技法(ろくろ、釉薬掛けなど)はそれほど重要ではありません。私は主に彼らの日課を観察することに興味があります。
長い、繰り返しの毎日の作業は、より観察をすることによって見えてきます。この観察のプロセスによって、私は自分自身の行動を開始するきっかけとなることを期待しています。そのため、私が作りたい作品は、事前に計画することはできません。それらは現場で考え出されたプロセスから生まれます。これらのプロセスの成果は、有田での状況とその環境、その場の条件と使われた材料によって現れてくるでしょう。作品を発展させるのに、ビデオワークやパフォーマンスといった具体的な形も考えています。これはオランダに帰国した後で、また新鮮な環境でも行うことができます。今のところ、磁器の製造の全体のプロセスを見せるということを除けば、既成の決まった形はありません。どのように材料が作られているのか?人々が働くスピード、温度、匂い、工場の光などがあります。これらの基準は、釉薬の色や焼成の温度などの作品を創作するのと同じくらい重要です。
これは、私の制作期間の結果が必ずしも磁器である必要はないことを意味します。それは、環境の雰囲気を文書化し、全体的な作業プロセスの様々なオブジェクト、写真、またはビデオの断片の構成でもあり得ます。または、細部に注目した絵付けの際の筆からでる水滴が落ちる音かもしれません。

residents

2020


2019


2018


2017


2016