バス・ヴァン・ベーク

Bas ban Beek (1974)の作品は市場のメカニズム、ブランディング、乏しいコンセプチャリズム、批評的でないデザイ ナーカルト( デザイナー(特に有名)であればなんでも誰でも崇拝する)を批評します。未完成や 未発表とされたままになった材質のアーカイブ、修復されてたモノ、微妙にデザインが変更された、また 調整されている製品プロダクトについて研究しています。オランダリートフェルトアカデミーのデザイ ンラボのトップとして従事し、作品はオランダロッテルダムのの ボイマンズ美術館(ロッテ ルダム)、Zeeuws Museum、 VanAbbe Museum(アイントーホーヘン)にパーマネントコレクションとし て所蔵されています。

Project in Arita

  • Title : ---
  • Period of Residency : June - August
  • Sponsor : Creative Industries Fund NL

有田ではこれまでの作品との関係性を続けるために、以前彼が初めたプロジェクトの続きを 発展させる予定です。Jan Van der Vaart のデザイン教訓にインスパイアされてリサーチを行ってきた 重ねることができるフラワーベースと共にバウハウスのアーカイブでのリサーチを基に彼の独自の 転写技術を発展させます。また有田では日本式アール・デコをフラワーベースを作る際の一つの 飛躍点として使用しそれらは全て既存の作品とスムーズに重ねることができるような陶磁器の制作を行います。
これらの作業の背景には、プロダクト(商品)をブランディングしないという挑戦を試みようとし ています。異なる国の異なる製造技術と異なるメーカのプロダクトを一つにすることを発展させよ うとしています。これらは全て一つにスタッキングすることができ、容易に既存のコレクション と共存できます。
有田での作業・活動を通してレーベル/メーカーが柔軟性なくプロダクトやコレクションシリーズ を開発し発展させていることに対してのもう一つのオルタナティブな方法を見い出し提供したい と考えています。

residents

2020


2019


2018


2017


2016