ヤン・ブロエクストラ

1993年にアーネム芸術学校で3Dデザインの学科を卒業しました。Jan Broekstraは、疑いようもなく多数の才能を所持した一人です。1990年の中頃から、特に、磁器やガラスの主な材料においての幅広い食器や照明をデザインし生産しています。さらに、情熱的な料理人であり、熱心な大工でもあります。そして、自身の作品や展示会の中で、これらの多様性のある趣味の全てを活用し表現することができます。

Broekstraは決して、自身が日常生活で使用されることを待ち望んでいる単なるコーヒーテーブルデザインマガジン(中身の無い)きらびやかなページを単にイメージで満たすためだけに製品を作ってはいません。例えば、2002年のミラノサローネ国際家具見本市では、来訪者に自身のセルフデザインした陶磁器のボールでスープを提供する小屋を作りました。この現場主義は彼の特徴となり、さらに彼は、セルフビルトバーでカクテルを注文できたり、巨大なシャンデリアからシャンパンを提供することや、屋台や折り畳み式のユニットで、時折展示会の間、食事を準備したり、提供したりと全て自らがデザイン、施行して作品をオーディエンスに提供しています。彼は、ローゼンタール(ドイツ)や、ファッションデザイナーのヴィクター&ロルフ等食器からファッションに至る様々な領域で才能を発揮しています。

Project in Arita

  • Title : Ramen Yatai Project
  • Period of Residency : June - August
  • Sponsor : Creative Industries Fund NL

有田でBroekstraは、自身のデザインである小さな移動式屋台と独特なデザインでのラーメン鉢を作りました。これらは質素な日本様式の屋台や、食べ物の露店にインスピレーションを受けました。

Broekstraは、自身の型作り器具を利用して10種類の異なる型をデザインし作りました。彼は、鋳込みの技術の使用し、10種類の形をそれぞれ各10個作るために有田の窯元、川副青山に依頼しました。一方、地域の麺専門家とのコラボレーションで自身のラーメンレシピを開発してもらうため長崎を拠点とするラーメン工場を訪れました。Broekstraの有田での研修期間は、6月から8月という夏の真っ只中であったため、彼のレシピは、ひんやりとした、爽やかなだしの冷製ラーメンでした。研修の終わりに、デザインしラーメン鉢にユニークな冷製ラーメンを提供する屋台で、彼は、地域の人々のみならず、東京や大阪まで屋台を運び、人々に対してもラーメンを作りました。

2017年のDDWでの有田展示会のクリエイティブ研修の一部として、作品は展示されました。
Broekstraの自家製屋台は、後日2018年のデン・ボス博物館に買収されました。

residents

2020


2019


2018


2017


2016