フランシスカ・メイヤース

Franciska Meijers(1991年生まれ)はデザイン・アカデミー・アイントホーフェンで学びました。 彼女の研究の間、彼女はJongeriusLab、Royal Tichelaar Makkum、Scholten&Baijingsでのインターンシップを行いました。 Royal Tichelaar Makkumでは、Franciskaは建築の陶器の可能性に魅了されました。 2013年には、テラコッタの素材特性を生かした気候調節壁「クールシェルター」を実現しました。 2018年には、EKWC(オランダのオイスターウィーク)とArita(佐賀、日本)のセラミックスの可能性を研究し続けます。

Project in Arita

  • Title : Franciska Meijers
  • Period of Residency : September - November
  • Sponsor : Stimulearingfounds

ある日、ロンドンのビクトリア&アルバート博物館のアーカイブで有田焼きの香炉(±1700)を発見しました。 とても繊細であのように魅力的なものを見たことがありませんでした。 私は香のバーナーが家の鱗の模型に似ていると思って、それがより大きな規模になると香炉がどのように見えるか想像し始めました。レジデンシーでは、磁器で光を捕らえたり、グリッド(格子)やレリーフを作ったり、磁器を着色したりするさまざまな方法を研究したいです。 有田職人さんのユニークな知識で、私は伝統と現代の技術を組み合わせたいと思っています。レジデンスは、有田職人の非常に洗練された技法について学ぶ機会だと思っています。 私は空間の雰囲気を豊かにするために、これらの技術を展開したいと思います。
さらに、有田では、私は研究を地域の伝統と結びつけたいと思っています。 私は、伝統的な日本の建築が私の研究に影響を与え、豊かになることを期待しています 図面、写真、メモを使ってデザインプロセスを捉えるジャーナルを作りたいと思います。

residents

2020


2019


2018


2017


2016