へリンハ / ヴァン・カルスベーク

Liet Heringa(1966)とMaarten van Kalsbeek(1962)は、アムステルダムのRietveld Academieアムステルダムで学生時代からしばしば、作品制作を共にしていました。1998年から公式に「Heringa / Van Kalsbeek」としてアーティストユニットとしての活動を始めました。彼らが創り出す彫刻は、行動と反応の過程から進化します。さまざまな種類の素材をも利用します。陶器、樹脂、繊維、青銅、磨かれたステンレススチール、また彼自身が発見した新しい素材など。Heringa / Van Kalsbeekの作品は、現代美術館、ドイツ、イギリス、イタリア、韓国、そしてもちろん彼らが拠点を置くオランダなどで展示されています。アーティストのデュオは、Kröller Müller Museum, Otterlo, Haags Gemeente Museumで個展を開催しています。

Heringa / Van Kalsbeekの個展「残酷な盆栽」アムステルダムのステデリック美術館(2007-2008)では、20以上の作品が展示されていましたが、個展「ナイトキャッチ」では、ステデリック美術館のHertogenbosch(2014-2015)で20以上の陶芸作品が展示されました。金属、紙、樹脂で作られたより大きな彫刻を含みます。

1994年からは、アーティストデュオはオランダ政府の不動産庁、アルカディ、大手銀行Abn Amro銀行、オランダの南に位置するブレダ市等からの依頼にてコミッションワークを制作します。彼らの最新の屋外プロジェクトはアムステルダム市からの依頼で、アムステルダムのビアトリクスパークに彫刻が2018年に設置されました。静的な視覚芸術は生きている自然現象のようにも見えることが、Heringa / Van Kalsbeekによる多くの作品に表れています。

花が咲き誇るエキゾチックな植物、想像を絶する動物、あるいは不思議なヘッドドレスの作品。 これらの作品は、表面、縞、斑点、線が一つの遊びとして表現されます。本物であれ型取られたものであれ、植物、枝、花は、作家達が見つけた他のオブジェクトを再利用したのものと一緒に新しく組み合わされることが多くあります。これは、従来の彫刻よりもはるかに優れており、それらは彫刻というより立体絵画としてあります。構造がどのように構築されているかが正直に実証されていて、全貌できます。見るもの、見えたものが、そのもので、それがあなたの手に入れたものであり、しかし実はそうでもなかったりもします。これは、バロック様式の多数の詳細と視覚的な驚きの蓄積が謎の完全な啓示を許さないためです。よって、観客は作品を見続けることになります。

Project in Arita

  • Period of Residency : September - November
  • Sponsor : Mondriaan Fund

Heringa / Van KalsbeekがAritaの有田でのレジデンスの目的は、私達がまだ習得していない技法についての新しい洞察を得ることです。このようにして、彼らは自分たちの仕事のための空間を作り出すことができ、そこから新しいイメージや彫刻が生まれます。二人は、日本の芸術・工芸だけでなく、日本庭園、生け花、そして自然が人間の手によって「形成」される方法、つまり自然のプロセスを彫刻のプロセスに是亭する方法にも特に関心を持っています。彼らは、自然を顕著に表現しているスペシャリストの技術や手法に出会うことを期待します。彼らの作品において、ハイブリッドな形の創造性を生み出すめに有田で出会うでう彼らにとっての新しい技術を深く理解し、分析し発展させることが不可欠です。
有田で有田焼の伝統と文化について現地で学ぶ機会を得てとても光栄に思い期待しています。さまざまな種類のテクニックが使われているスタジオを訪問したいと考えています。
具体的なアーティストの主な関心事は主に釉薬や型です。型工場で職人がどのように型を細作するかを見たいと思っています。また、非常にハイテクな型ではなく、より基本的な型を使って作業することにも興味を持っています。磁器の糊付けや、釉薬、型造りの技術を学びたいと思っています。

Interview

  • Fukusengama

residents

2020


2019


2018


2017


2016