シグリッド・カロン

シグリッド・カロンはティルブルグ芸術大学でテキスタイルデザインを専攻に学び、現在もティルブルグを拠点に活動しています。デザイン業界で長年経験を積んだ後、2005年以降完全に芸術性に重点を置いて、視覚芸術家として活動しています。


シグリッドの作品は芸術と応用美術の間を行き来しています。作家としてはデザイン、グラフィックデザイン、美術の間に作品の着陸地点を設定としています。作品制作においては直感、遊び心、かつ合理性を重視しています。驚きを求めながら、自分を取り巻く日常の物事からインスピレーションを得ています。彼女の作品は、新鮮で、新しく、現代的な印象を与えます。シグリッドの作品はダッチデザインの特徴だと言われてきたミニマリズム、実験的、革新的、型破り、ユーモアなど、共通するところが多いです。

2012年に出版されたシグリッドの最初の著書『To the Extend of / \ | & -』は国際的にブレイクするきっかけとなった。2013年、2015年、2016年に「ベスト・ヨーロピアン・アートブック」を受賞し、彼女の本やリゾ版画は、ミラノ、バーゼル、ロサンゼルス、ニューヨークなどのアートブックフェアで注目され、名門美術館のMoMa、ヴィクトリア&アルバート美術館、ステデライク近代美術館、ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館などで展示され、そして多くの機関や個人の愛好家にも購入されています。

その結果、Swatch、ユニクロ、Forboなどの国際企業とのコラボ商品が実現できました。アムステルダム中心街にあるアーケードの照明インスタレーション、ティルブルグでの巨大な壁画やショッピングセンターの屋上などの様々な場面で作品を展開している。

Project in Arita

  • Period of Residency : June - August
  • Sponsor : Mondriaan Fund

residents

2022


2020


2019


2018


2017


2016