タマル・モーゲンドフ

モーゲンドフはイスラエルで育ち、エルサレムのBezalel Academy for the ArtsでデザインのBFAを取得した。奨学金を得て、ニューヨークのSVAに留学。 2001年よりニューヨークを拠点に活動しています。

タマルのテキスタイルを使った作品は、デザイン、彫刻、ハイクラフト、インスタレーションの伝統を融合している。 彼女の最初の探求は、偶然にも装飾デザインの世界にトレンドをもたらしましたが、彼女の意図は、自然の形と物語を彫刻的観点からアプローチすることでした。 その結果、タマルのユニークな作品は、美術館、ブティック、家庭で収集され、展示されるようになりました。

また、Neue Galerie New York、The Isamu Noguchi Garden Museum、The Children’s Art Museum in NYCなどのために、ユニークな作品やエディションを制作しています。 
コラボレーションには、伊勢丹のアナ・スイ、ポール・スミス、アーカーカムジャパン、アンソロポロジー、ABCカーペット、リバティ・ロンドン、ボントン・パリなど、世界中の多くの企業が名を連ねています。 Tamarの作品は、The New York Times, Vogue USA, Vogue Australia, Architectural Digest, Figaro Japan, Elle Decor, The Wall Street Journal, Apartment Therapyなどの出版物で紹介されています。

近年は、グアテマラの職人とともに、イスラエルをモチーフにしたウールベースのテキスタイルを制作するなど、ホームインテリアのデザインにも取り組んでいます。 
また、シェルやフラワーピローのコレクションは世界的に有名です。

Project in Arita

  • Period of Residency : January - March 2023
  • Sponsor : The Embassy of Israel

residents

2023


2022


2020


2019


2018


2017


2016