デニス・グイドーネ

イタリア人デザイナー デニス・グイドーネはミラノと東京を行き来しながら建築と デザイン分野の領域を行き来し活動を続けています。 西洋と東洋のコントラストに魅了され、その二つの極が持つオーセンティシティを型にとらわれず、同時に 厳密な正確さを備えながら、エレガントかつ人目をひく造形へと融合させています。
デザイナーは、「私にとって美しさとは論理性と非論理性、あるいは異なる文化同士の対話の間に生まれる ものであり ー そこにインスピレーションを見つけ出すのです」と言います。

2018年にミラノ・トリエンナーレならびにイタリア外務省により、イタリアンデザイン・ワールドアンバ サダーに選出。これまでにFontanaArte、Roche Bobois、Nava Design、Bolia、MIngardo、 Ichenforf、Serax、Projects Watches、中川周士、Hands on Design、有田焼李荘窯など、イタリア国 内外の企業などにデザインを提供。

日本や日本人のホスピタリティーや文化がとても好きで日本語を習得をデザインの合間に試みています。一 年の半分は日本で生活をしています。また過去には有田の李壮窯とプロジェクトをしたことがあります。

Project in Arita

  • Period of Residency : January - March
  • Collaborator : Riso Kiln
  • Sponsor : Self-funded

デニスは有田で皿、トレイ、マグ、カトラリートレイなどを含むカトラリー食器セットシリーズを開発する予定です。お皿にハンドルのような持ち手を施すコンセプトで手掛けます。
さらに、2種類の花器を制作したい。想像しているのは半透明の白か色のガラスのような透光性のある質感です。 2つとも高さが異なるシステムにしています。花の市場では、花器は花の種類によって異なる形状をしていて、それにインスパイアされたデザインになっています。

residents

2020


2019


2018


2017


2016