ディミトリ・ ベイラー

Dimitri  Bählerはスイスで育ちました。オランダのデザインアカデミーアイントホーフェンで交換学期とスイスのECALでの彼の研究の後、2014年にスイスベールで彼のスタジオを設立し、すでに数多くの賞を受賞しています。(2013年キャンピングカー賞、ノミニースイスデザイン賞2014、2015年最優秀賞) 2016)、また世界中の多数のプロジェクトに参加しています。現在はエルメススイス、HAY(デンマーク)、Established&Sons、Moustache(フランス)、Wallpaper Store(イタリア)などの国内外のブランドともコラボレーションしています。彼の作品は、Grand Hornu(BE)、W * House、MUDAC、MuseumfürGestaltung(CH)、Swiss Institute(USA)など、さまざまな博物館や機関のコレクションの一部となっています。

インスタレーションの作品と同時に、彼の経験は工業的に製造されたオブジェクトからユニークなエディション作品までに及びます。Dimitriの仕事は常にデザイン、開発とオブジェクトの機能に関して特定の感性を表しています。彼の素材への思い、変容、そして作品を制作するための職人技のに感謝し、デザイナーはしばしば実際の開発、そして時には彼自身が手を動かし作品の制作に関わっています。

Project in Arita

  • Title : --
  • Period of Residency : June - August
  • Sponsor : Self-funded

クリエイティブ・レジデンシーの間、DimitriはAritaの機能的なアイテム(カップ、プレート、トレイ、ボウル、ティーポット、花瓶)にもっと力を入れたいと考えています。

理想的には、彼は非常に詳細な織り目加工の部分、無地の部分、そしてもっとランダムな仕上がりの部分のミックスに取り組みたいと思います。毎回同じピースが3つのバリエーション(プレーン/テクスチャー/ランダム)で存在する可能性があります
プレーンシェイプのキャスティングとテストを専門とする誰かとのコラボレーションを介してボリュームを開発しながら、彼はテクスチャと釉薬を実験することを目指します。しかしながら、彼のプロジェクトを状況と可能性に適応させることにおいて彼自身をオープンに保つことは重要だとかが得ています。

CRI Aritaでは、専門家と緊密に協力しながら、デザイナーは、彼が今まで使ったことがない材料(磁器)を使っての制作になるので可能な限り作品の製作の品質を向上させたいと考えています。さらに、プロジェクトがうまくいったら、結果に応じて、ギャラリーやプロデューサーを介して作品を販売する計画を立て、それをAritaで制作できればと思っています。

residents

2020


2019


2018


2017


2016