ビクター・ハッフマン

ビクター ハッフマン は実験的なコミック(マンガ)アーティストです。オランダ、ハーグのロイヤルアカデミーハーグでグラフィックデザインを学びましたが、作品はよりイラストレーションや、物語を伝えるという方向に向かいます。

ハッフマンの興味の原点は日本の浮世絵やヨーロッパのEuropean Ligne Claire というTintinなどで有名な漫画コミックのスタイルにインスピレーションを受けてきました。

ハッフマンは自主的なグラフィック作品の他、幅位広い国際的なクラインとへ作品を提供しています。国際的なビジネス雑誌から(ニューヨークタイムズ、ブルームバーグビジネスウィーク、MITテクノロジーレビューまたWiredなど)からヨーロッパのラグジュアリブランドKENZOやディーゼル、ラコステなど。

近年、ハッフマンは自主的なアート作品とコミックブックの境界線をぼやけさせるような形で実験的なコミックブックを作りました。

2016年、Book of Void(イギリスのLandfill Editionsから出版)という短編物語集を発表しデビューしました。また、2018年にはBlokkenという長編のグラフィック小説を発行。

ハッフマンの作品はオランダ国内、国外で頻繁に展示されおり、オランダのステデリックミュージアムにも展示されています。

 

Project in Arita

  • Title : --
  • Period of Residency : June - August
  • Sponsor : Creative Industries Fund NL

有田焼は高度な技術の手書きの絵付けで有名です。イラストレーター、デザイナーとして伝統的な日本の審美的な文化や芸術に大きな影響を受けてきました。
ビクターは有田焼きの絵付けについて技術やデザインについて深く知りたいと考えています。(例えば、筆が違うとこなる技術表現や、絵付けの構図など)
3Dにフォーカスするよりもシンボリックな絵付けやデコラティブなモチーフに集中して技術を身に付けたいと考えます。そしてその後、彼自身のデコレーションをデザインし、西洋と東洋、また伝統と現代を合わせたデザイン試みたいと考えています。そうする事で陶磁器の絵付けの意味や物語を深く分析し知ることを期待しています。
レジデンスでは、自身が絵付けをしまた自身のモチーフを生み出すことをしたいと思っています。様々な実験とともにエディションやまたすでにある有田焼の形に彼の絵付けをするなどの窯元(絵付け師)とのコラボレーションも期待します。

residents

2020


2019


2018


2017


2016