リサ・コンノ

  • Born: 1992
  • Country: The Netherlands
  • Discipline: Fashion Designer
  • Website: www.lisakonno.com

リサ・コンノは、2014年にArtezのファッションデザイン科を卒業後、アムステルダムを拠点に活動するファッションデザイナーです。リサはファッション業界において一般的なファションデザイナーと異なる道を歩むことを目指し、デザインを利用して社会的な課題やストーリーを伝えるプロジェクトを取り組んでいます。



彼女は2015年に、ファッション業界の非倫理的な慣習について声明を出す、業界の廃棄物からのコレクションを作ることから活動を始めました。「For The Workers」(2015年)や「Yours Truly」(2016年)などのコレクションは、アムステルダム・ファッション・ウィークで発表されました。その他、「Collect」などの展示会は、オランダのデザインウィークや東京デザインウィークで展示された。2018年にダッチ・デザイン・アワードのタレント賞を受賞。



数多く受賞したショートフィルム「NOBU」(実の父親の物語)を手がけて以来、映画制作はファッションを通してストーリーを表現する場となった。彼女は、ファッションの魅力を使って過剰消費に誘惑するのではなく、ファッションが持つ楽しさと美しさを通じて、人物の物語を語りたい。映画「NOBU」(2018年)に続き、「BABA」(2019年)、「HENK」(2022年)が公開された。また、衣服寄付の実態を暴くドキュメンタリー「Goodwill Dumping」では、ファッションとコンセプトを監修しました。



リサは自身のスタジオを通じて、Afriekなど様々なブランドのファッションを制作し、作品はパリのファッションウィークで発表され、依頼された作品はオランダ国立博物館などの美術館で展示されています。

現在、リサはドキュメンタリー、セラミック、パフォーマンスと組み合わせたファッションの実験を行っており、彼女の活動はファッションと同様、常に変化し続けています。

Project in Arita

  • Title : Portrait of a lady
  • Period of Residency : June - August
  • Sponsor : Creative Industries Fund

本レジデンシーでは概念的、そして実践的に日本とオランダの歴史文化を統合し、同時にお互いの工芸文化を折衷したいと考えています。私が期待しているのは、陶磁器とファッションをどのように組み合わせていけるかを研究することです。

residents

2023


2022


2020


2019


2018


2017


2016