ローラ・ディモーバ

ローラ・ディモーバは多岐の領域に渡るメディア、写真、デジタルコラージュ、映像、彫刻、平面ドローウィング、パフォーマンス、テキスト、音などで表現するビジュアルアーティストです。ブルガリア出身、現在はフィンランドのヘルシンキで活動を行なっています。

フィンランドのアアルト大学でファインアートのMAを取得、その前にはブルガリアの国立芸術大学でで陶磁器、ガラスを学びました。作品は国際的な展示、フェスティバル、現代アート展にて発表。若手芸術ーモスクワ国際ビエンナーレ、ロシアカサブランカビエンナーレ、モロッコワールドセラミックビエンナーレ、韓国陶磁器ビエンナーレ(イザベルが展示していた)2009年にブルガリア若手芸術家賞受賞。

作品のテーマ:現実世界の物質的なものとそうでないモノの間を研究。デジタル(ヴァーチャル上)、物質からデジタル、触覚から遂行的な事柄までをさまざまな方法とメディアマテリアルを使い表現しています。興味がある材質は年月が経っても変形、変更しない磁器、と同時に物質として形がないデジタルメディアに興味を持っています。人間の身体は作家の一つのメディアとして用いている要素のうちの一つであり、内側の精神性を会話にすることができる一つのメディアとして表現されています。身体的な感覚と人間の論理的部分を超えたところに達成するために作家が現実世界との経験を創り出すことで作家自身の体験が作品を刺激し促進するモノ、物質として成り立っている。

Project in Arita

  • Title : ー
  • Period of Residency : January to March
  • Sponsor : Arts Promotion Centre Finland

陶磁器の彫刻(サイズは比較的小さい)を作りたいと考えている。
これは進行中のプロジェクト ” Celestial Body”(こよなく美しい身体)の一部としてであり、 最終形は、帰国してからインスタレーション、写真、パフォーマンス、彫刻、 映像作品を完成品とする予定。
材質は、天草の土、または泉山の土を使用したいと思っており、基本的に人口的なファインセラミックスなどには興味がない。手びねり、実験的な形、プロセス製造過程から作られた形、釉薬:結晶釉薬、光沢のある上釉を発展させることに興味がある。
有田のコミュニティー、歴史、またコミュニティーがどのように自分の作品を見るかにも 興味がある。プレゼンテーションを行ったり、研究者、窯元など交流を持ち彼らの精神性 を学びたい。

residents

2020


2019


2018


2017


2016